マンスリーマンション体験

わたしは今から5年程前にマンスリーマンションに滞在する体験をしました。
ことの発端は同棲していた彼氏といっときうまくいかなくなったのですが、実家に帰るわけにも行かず、結局マンスリーマンションに1ヶ月ほど滞在するという経験をしました。
うちは母子家庭で当時母親は大切な人の死で相当に参っていました。
毎日毎日心配して様子を見に行ったりする生活が続き、母親が飲むお酒の量も増えていきました。
自分の母親を心底心配はしていたものの、彼氏ともうまくいっておらずわたしは心が落ち着かない日々が苦痛になってきました。
突破口を見つけられないまま日々を過ごしているなかでひとりになりたいと強く思うようになり、予てからひとり暮らしに憧れがあったのもあり思い切って期間限定で部屋を借りてみることにしました。
母親はやや心配し、彼氏はわたしの意見を尊重し荷物の運び出しも車を出して手伝ってくれました。
いざ、マンスリーマンションで暮らすと決まるとなんだか楽しくなってきてどこの町に住もうか迷ったりしてその迷っている準備期間も楽しかった記憶があります。
当時銀座で派遣社員をやっていたわたしはどこに住もうか悩んで三軒茶屋に決めました。
あの1ヶ月はいま思い出しても不思議な思い出です。
気持ち的にはとても沈んでいた時期だったけど初めてひとりで暮らしてみてじっくりと自分を見つめることが出来、結果よい体験だったんだろうと思っています。
部屋はごくふつうのワンルーム。
キレイで必要な家電もついていて特に困ることもありませんでした。
近くにドンキホーテがあったので仕事帰りにアロマキャンドルを買ってみたりひとりで映画を見ながら缶チューハイを飲んでみたり・・・。
隣近所が怖いとか部屋自体が怖いとかは無かったのですが、やっぱり夜はあまりぐっすり眠れることはありませんでした。
どんな人がここを利用するんだろう、とかなんだか気持ち悪いなぁなんて思う日もありました。
特にお風呂に入っているときは妙に怖くてホラー映画のワンシーンを思い出したりして慌ててお風呂から出たこともありました。
母親が遊びに来たこともあって、今思うとどんな心境だったかなぁと申し訳ない気持ちになったりしました。
彼氏も遊びに来たことがあったけど、やはり楽しそうな雰囲気はなくすぐに帰ってしまいました。
友達が遊びに来てくれたけど狭すぎてくつろげなかった気がします。
10万円以上支払ったので高い買い物だったとは思いますが、人生の体験のひとつとしては良かったと思っています。
結局当時の彼氏を2年前に結婚していまは子どもも生まれ幸せに暮らしています。
あのとき文句ひとつ言わず自由にさせてくれた夫に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です