マンスリーマンションの利用

私が勤めている会社は、大阪に本社があるのですが、東京、東北、広島、福岡にも事務所があり、新入社員が入ると、大阪に研修に来ることになっています。
各事務所では、主に営業や、顧客へのサービス対応をすることが多いのですが、そればかりだと、会社の業務で自分が関知しないものは、ぼんやりとしか内容が分かりませんし、会社全体の業務の流れをつかみづらいため、研修では、実際に行う業務と同じものだけではなく、他の部署の主だった業務を一ヶ月かけて体験してもらっています。
ふと、私が疑問に思ったのは、彼らは一体どこで寝泊りしているのだろうか?ということです。
会社の研修なので、もちろん会社が費用を負担しているのでしょうが、一ヶ月もの間、ホテルに滞在するというのも、何だかおかしなことのように思えます。
そこで同僚に聞いてみると「マンスリーマンションに滞在しているらしいよ」というのです。
それを聞いて、なるほど、と思いました。
非日常的な、ホテル暮らしが楽しいのは、せいぜい一週間だと思います。
しばらくすると、会社から帰ってきて、狭い部屋にスリッパ履きではくつろげなくなるでしょうし、カップラーメンくらいなら自炊できますが、外食に飽きて何か作って食べたいと思っても、目玉焼きすら作ることができません。
また、夜中にコンビニに飲み物を買いに行きたいと思っても、ホテルのフロント前をスエットで通り抜けることに抵抗があるので、いちいち外出着に着替えなければなりません。
マンスリーマンションなら、会社が負担する費用も低く抑えられますし、ある程度の広さもあり、裸足でリラックスすることもできるので、本人にとっても楽です。
何より、あまり知らない土地で、期間限定でちょっとした一人暮らし気分が味わえるのは、何だか少し羨ましく思いました。
私自身も、両親が家を建て替えた時に、マンスリーマンションの利用を検討したことがあります。
今まで住んでいた家を壊し更地にしてから、新しく家を建てるまでに4ヶ月ほどかかるので、その間の仮住まいが必要だったのですが、両親が現場にちょくちょく作業を見に行きたいと言ったことと、家財道具が多かったこともあって、結局一軒家を借りることになりました。
たまたま、地元に中古の一軒家があって、4ヶ月借りることができましたが、もし空きがなければ、おそらくマンスリーマンションにお世話になっていたと思います。
敷金や礼金が不要で、ホテルよりずっとリーズナブルに利用できるので、マンスリーマンションがあれば、いざという時にちょっと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です